Micco Info

xoxo micco xoxo micco xoxo

Micco の 情報発信
豆知識

早起きは三文の得!

おはようございます。

みなさんはいつも、何時に寝て何時に目覚めて、何時から行動し始めますか?

 

よくいわれる、朝方タイプか、夜型タイプかということです。

朝型タイプは、夜型タイプに比べて幸せと感じている人が多いということが大学の研究で分かったのです。
早起きは三文の得ということわざがあるように、昔から朝型タイプのほうが身体に良いとされています。

生活が朝型だと時間を上手に使いやすい、仕事がはかどりやすい、病気になりにくい。

反対に夜型はうつ傾向になりやすい、太りやすいなどの理由からなのです。

大学での研究でも朝型だと、どのように健康にいいかということが発表された。
17歳から38歳の435人と、59歳から79歳の297人を対象に「感情の状態」「どのくらい健康か」「1日のどの時間帯が好きか」など質問をしたところ、朝型のタイプにはポジティブな人が多い、若者には朝型が少なく、高齢者は朝型が多くポジティブな人が多いということが明らかになったのです。
その見解としては、身体の感覚だけでなく、社会環境も影響しているということが言われています。
大抵、社会は朝早く始まって夕方くらいに学校や仕事が終わりますよね。世の中は基本的に朝型タイプで動いているから、夜型の人にとっては不利になってしまうんじゃないかと言われているのです。

実は基本的に朝型でも夜型でも、生活リズムが出来ていれば健康に悪影響ということは少ないのです。

夜型タイプの朝遅く、夜も遅いというリズムであれば、夜型でもポジティブになるんじゃないかとも考えられています。
今日は夜更かし、明日は早起きなど変動があって、休息の時間がしっかり取れないことが、身体には負担になりやすいのです。
特に5時間以下の睡眠は心臓に負担がかかりやすく、次の日の行動を考えて、睡眠時間を計算しながら、生活をするようにすると良いですね。
休息を取らない行動が一番身体に負担となるから気をつけてね!

 

さぁ今日も1日楽しもぉー!!

お家クリーニング

春が来ると、歓送迎会など何かとイベントが多くなりますよね。この日のために、新しい洋服を用意している女性も多いのではないでしょうか。

しかし、毎回イベント後に頭を悩ませるのは、大切な洋服についたタバコ臭や食べ物臭、汗などの臭いが取れないことではないでしょうか。たった1回数時間しか着ていないのに、毎回クリーニングに出すのは経済的に厳しいと感じていらっしゃる方も多いでしょう。だからといって消臭スプレーをかけても、臭いの取れ具合に不満が残ることもよくありますよね。

そこで今回は、クリーニングに出さなくても自宅で簡単に衣類の臭いを取るコツをご紹介いたします。

 

■用意するものは霧吹きとビニール袋

まず用意するものは、100円ショップなどに売っている一般的な霧吹き。これに水を入れて臭いがついた洋服全体がしっとりするくらい、まんべんなく霧吹きをかけていきます。作業は大きめの机の上でするとやりやすいですし、他のものを濡らさなくて済みますよ。

そして、その衣類が入るほどのビニール袋の中に入れて、なるべく空気を抜いた状態で密閉ししばし放置。時間にして大体10分から15分位このままにしておきます。

 

■乾燥機で臭いを吹き飛ばす

ビニール袋から取り出した衣類を、洗濯乾燥機に入れて乾燥機能をオン。途中で扉が開閉できる機能がある場合は、こちらを使いましょう。衣類をもってほっかほかになるくらいが目安です。完全に乾かす必要はありません。

途中の開閉機能がない場合は、タイマー機能を使って時間はなるべく短時間で済ませることが、生地を傷めずに臭いだけ取りきる秘訣です。

 

■風通しの良い外で陰干し

まだ湿り気が残っている状態で乾燥機から出した衣類を、すぐさま風通しのよい所で陰干しします。衣類の種類によってハンガーにかけたり平干しにしたりして、型崩れしないよう干すことを忘れずに。

ちなみに時間がない時には、夜お風呂に入った後のバスルームに干しておくだけでも消臭効果があります。ぜひお試しを。

 

毎回クリーニングに出していては、返って着たい洋服に袖を通す機会が減るもの。今回ご紹介したコツを利用して、お気に入りの洋服を沢山着てあげてくださいね。

 

みんなやってない?「生理をひどくしてしまう習慣」

毎月生理が近づくと腰まわりが重くなったり、座っているだけでもツラい……という女性も少なくありません。
生理痛は、遺伝や体質によって、ほとんどない人もいれば、逆に立てないほどひどいという人もいます。

しかしながら、遺伝や体質以外だけでなく、普段の生活習慣が、ひどい生理痛を引き起こしている可能性も!
そこで今回は、気づかないうちにやってしっまっている生理をひどくしてしまうやっちゃいかん習慣を5つご紹介します。

■1:薄着で腰回りを冷やしがち

生理痛の原因のひとつが“プロスタグランジン”という物質だと言われています。
生理時は体が子宮を収縮させることで、血液を外に排出します。
血行が悪いと子宮が収縮しにくくなり、代わりに“子宮収縮ホルモン”と呼ばれるプロスタグランジンが分泌され、子宮を強く収縮させ、生理痛につながります。

体が冷えることでプロスタグランジンの分泌が促進されるので、冷やさないことが大切です。
腰やお腹を温めると全身の血行がよくなります。腹巻きを着用したり、お腹や腰にカイロを貼っておくと効果的です。

Miccoもこの時期は”カイロ”愛用者です!

■2:オフィスワークで一日座りっぱなし

一日中同じ体勢で座っていると鼠蹊部(そけいぶ)で血流が止まり、血行が悪くなります。
また、腰回りの筋肉がカチカチになることで生理痛がひどくなってしまいます。
定期的に立ち上がってストレッチしたり、少し歩くことを意識すると腰回りの筋肉もほぐれ、血行も回復します。

■3:コーヒーをよく飲む

コーヒーや紅茶に含まれるカフェインには、体を冷やす働きがあります。
冷えるとプロスタグランジンの分泌が促進されてしいます。
その他、抹茶やココア、コーラ、チョコレートなどもカフェインが含まれています。
生理の前からカフェインを含む飲み物の量を控え、体を温める飲み物へ切り替てみてはいかがでしょうか。
甘酒とかおすすめですよ♪

■4:湯船につからず、シャワーで済ませる

忙しいとシャワーで済ませがちですが、湯船につかるのとシャワーとでは、体の温まり方が違います。
これからは気温が低くなってくるので、しっかりと湯船につかって体を温めると全身の血行がよくなり、生理痛が緩和されます。

■5:喫煙

喫煙すると体の毛細血管が収縮し、血行不良や冷えにつながってしまいます。
また、生理痛だけでなく、肌荒れも引き起こすのが喫煙です。生理時はホルモンバランスの乱れからただでさえ肌荒れしやすい時期なので、肌荒れを促進させてしまいます。生理痛、肌の両方に悪影響を及ぼすので、喫煙はおすすめできません。

以上、生理痛をひどくしてしまうやっちゃいかん習慣をご紹介しました。
体を温めることが生理痛緩和につながりますょ。
生理痛がひどい人は、体が冷えないように意識してみてください。

ハイヒール〜豆知識〜

ハイヒールというと女性の履き物というイメージが強いですが、     17世紀のフランスで流行した時には、男女問わず履かれていたそうです。
男性が着飾るのが主流だった当時、脚線美が強調でき、    身長を高くみせることできるとして、貴族が好んで愛用していたと言われています。
背の低かったルイ14世の肖像画にも、赤いハイヒールを着用している姿が見られます。
その後ナポレオン戦争が始まり、男性はより機能的な靴を選んだので、     ハイヒールは女性の履き物になったのです。

 

 

「ハイヒールというのは、おでこにキスされた女性が発明したもの」 クリストファー・モーレー(アメリカの作家)

 

クリスマスのお話

こんにちは♪

今日は、クリスマスイブですね。

♪うれしいな〜たのしいな〜♪と歌って出かけたくなりますね♪

ところでみなさん、サンタさんの服はなぜ赤いのでしょうか?

雪の中で目立つから?赤は、クリスマスのシンボルカラーのひとつだから?

きっとどちらも、正解です。

でも、サンタの服は「赤」と決まるまでに、実は青や白。紫色の服を着たサンタがいたことも、事実です。
ちょっと文章が長いかもしれませんが、今の私たちが抱いているサンタクロースのイメージが、いつ頃出来たのかを調べてみました。

よければ、ごゆっくりお読みになってみてください。

“Wherever I go”というのは、コカ・コーラ社が1943年に作った広告用看板に、サンタの絵と一緒に書かれていたキャッチコピーです。つまり、世界中どこにでも出かけるのは、サンタクロースだけではなく、彼が手にしたコカ・コーラも一緒だという訳なのです。

そして、これを巨大な資本力と特有の広告戦略で全米へ、さらには全世界へと広げていった結果が、今の私たちが持っている、サンタクロース・イメージになったといえるでしょう。

サンタクロースのモットーは、「『子供のいるところだったら、どこへでも出かけるぞ』。そして、「人間のいるところだったら、どこへだって売りに出かけるぞ」が、コカ・コーラ社の目標です。

1892年に設立されたザ・コカ・コーラ・カンパニーですが、会社設立初年度にして、すでに広告費は1万1400$にも及び、原材料費の半分を超えていました。しかし、それだけの広告費を投入しても、なかなか開拓できない市場がありました。

そう、女性と子供たちです。

当時、コカ・コーラには麻薬(コカイン)や多量のカフェイン、アルコールが入っているという、暗くて悪い危険な飲料としてのイメージが、強くまとわりついていました。この、イメージを払拭して、子供市場を開拓するために起用されたキャラクターがありました。

それが、サンタクロースだったのです。それまでにも、詩や小説、木版印刷物、それに1918年に、雑誌としては初めて発売部数が200万部を超えた、「ザ・サタデー・イヴニング・ポスト」の表紙などで紹介される事で、徐々にサンタクロースのイメージは出来上がってきていました。

ですので、おそらくコカ・コーラ社が宣伝に利用しなくても、私たちが抱いているサンタと、それほど大きく違わないイメージには、なったことと思います。しかし、『決定的に・世界中に・爆発的に・ヴィジュアル優先で』広まった功績というのは、やはりコカ・コーラ社のおかげだといえるのではないでしょうか?

サンタクロース伝説の主人公は、聖ニコウラス(英語読みでは「ニコラス」)です。かつて、ミュラと呼ばれたギリシア人の町(現在のトルコのデムレ)の司教を勤め、271年(あるいは280年)から、342年12月6日まで生きていたと伝えられますが、あまり詳しい事は分からないようです。ただ、様々な伝説を持った守護聖人であり、興味を惹かれるものがありますので、またいつか、別のページでご紹介したいと思います。

今は、とりあえず聖ニコラウスが、サンタクロースの原型となったのだと、ご理解ください。白くて長いヒゲの聖ニコラウスに、私たちの抱いているサンタのイメージを重ねることが出来ます。

サンタの服が赤いわけ

クリスマスの前の夜のことです。家の中では、ネズミさえ寝入って、物音ひとつ聞こえません。             煙突のそばには、きちんと靴下がつるされて、聖ニコラスの到着を今か今かと待っています。

*中略

降ったばかりの雪の上に出た月が、あたりを真昼のように輝かせていました。 その時、不思議そうに見つめる私の目に映ったのは、小さなソリと八頭の小さなトナカイでした。

*中略

まるまると太った、本当に陽気なおじいさん小人で、その姿に、私は思わず笑ってしまいました。 ウインクして見せたり、首をかしげて見せたりで、少しも怖がる必要などないと、すぐに分かりました。

聖ニコラスは、黙々と仕事に取りかかりました。どの靴下にもプレゼントをいっぱい詰め込んで、くるっと向きを変えました。             鼻の横に指を当てると、こっくりとうなずいてから、煙突を上っていきました。

聖ニコラスはソリに跳び乗ると、トナカイたちに口笛の合図を送り、アザミの綿毛のように飛び去っていきました。 でも、彼の姿が消えた時、大きな叫び声が聞こえてきました。

「皆さん、ハッピー・クリスマス。すてきな夜になりますように。」