Micco Info

xoxo micco xoxo micco xoxo

Micco の 情報発信
interesting

似合うリップカラーの選び方

選び方次第で唇だけ浮いて見えたり、顔色がくすんで見えたりする”リップカラー”。その時々で流行しているカラーは気になるけれど、それが自分に似合うとは限りません。

そこで今回は、自分に似合うリップカラーの選び方についてお話していきたいと思います。

 

■1:親指の色から選ぶ

親指の先が見えるように、手をギュッと握ります。このときの親指の先端の色が自分の唇に近い色。リップカラーを選ぶときは、その色に近いものを選べば浮きません。

 

■2:唇の色から選ぶ

(1)唇の色が濃い人

濃い色のリップカラーは、発色し過ぎて唇だけ浮いてしまいます。リップカラーは、薄めのものを選ぶようにしましょう。

(2)唇の色が薄い人

薄い色のリップカラーでは、顔色が悪く見えてしまいます。リップカラーは、ハッキリと発色するものを選ぶようにしましょう。

リップカラーをキレイに発色させるために、リップ用のコンシーラーを使うのもおススメです。

 

■3:肌の色から選ぶ

(1)黄味がかったオークル系の肌色の人は、ベージュ、オレンジ、ゴールド、コーラルピンク系

(2)色白、ピンク系の肌色の人は、青味がかったピンク、ローズ系

 

■4:なりたいイメージから選ぶ

(1)癒し系

癒し系フェイスになりたいときは、ほんのり控えめに発色するピンク系のリップカラーがおススメ。

(2)イイ女系

イイ女フェイスになりたいときは、発色が良いリップカラーがおススメ。肌の色に合わせて、黄味めか青めのローズピンクを選びましょう。

 

自分に似合うリップカラーでメイクをすれば、美人度3割増! リップカラーを新調するときの参考にしてお気に入りリップを増やしちゃいましょう♡

白熊の体重の半分は脂肪なのに心疾患にかからない〜白熊のひみつ〜

 

白熊は、主にアザラシやクジラの死骸などの脂肪分の多い動物をエサにして暮らしています。シロクマの体重の半分は脂肪であり、血中コレステロール値は非常に高い状態です。しかしながら、そうした状態でも白熊が心疾患にかかることは見られません。

人間の肥満に関して研究する科学者たちは、こうした特徴をもつ白熊の遺伝子に注目しています。

白熊の遺伝子は、過酷な北極の環境に適応するために重要な特徴を有していると見られています。研究者たちは、その中に血栓を生じにくくする要因も含まれていると考え、遺伝子の作用を分析することによって、人間の肥満を予防する新たな方法が得られることを期待しています。

主任研究者であるカリフォルニア大学のRasmus Nielsen教授は、「白熊は遺伝的に、高脂肪の食物を摂取する生活に適応できます。

そうした高脂肪の食生活は現代の多くの人間が経験しているものです。白熊の遺伝子を研究すれば、人体にも将来的に適用できる材料が得られるかも知れません」と語っています。

白熊が茶色の毛皮を有する他の種類のクマから分化したのは、生物学的にはそれほど古い時代ではないそうです(50万年前より以降)。

白熊は寒冷な環境に素早く適応し、毛皮の色が変化しただけでなく、代謝や心機能に関係する遺伝子も短期間で急速に変化していったと考えられています。

この他にも昨年、アメリカの製薬会社がヒグマの仲間であるグリズリーを研究し、肥満を防ぐメカニズムについて解明しようと試みました。グリズリーは一日に最大58000キロカロリーもの食物を摂取しますが、肥満だけでなく、心筋梗塞や血栓、糖尿病とも無縁です。

研究によれば、グリズリーは血糖値を下げる効果のあるホルモンである、インスリンへの感度を調整できるということです。大量に食物を摂取して体重を増やす冬眠前にはインスリンへの感度が高くなり、逆に冬眠が開始されるとインスリンへの反応が完全に停止するのだそうです。

このメカニズムの解明のために、この先さらに2年の研究が予定されています。

動物の遺伝子解明が、人類の健康に役立てられる日も近いかも知れません。

Could POLAR BEARS help cure obesity?

○○を食べて女性ホルモンがドバドバでちゃう‼

美肌や女性らしいボディを手に入れるためにも、生理不順や生理痛を改善したり、いつか子どもを授かるためにも、女性ホルモンのバランスが大切であることは、もうみなさんご存知ですよね。

サプリメントで過剰に女性ホルモンに似たはたらきをする成分を補ってしまうと、バランスが乱れて思わぬトラブルを引き起こすことがあります。

そこで今回は、サプリメントではなく、身近で毎日食べ続けやすい食べ物から、女性ホルモンをアップしバランスを整えるものをご紹介したいと思います。

 

■1:カボチャ

カボチャにはビタミンEが豊富。ビタミンEには脳下垂体や卵巣にはたらきかけ、ホルモンの分泌をコントロールする役割があります。

ビタミンEは抗酸化作用があることでも知られていますよね。ビタミンEが不足すると、老化の原因である活性酸素が増え、肌トラブルや生活習慣病などを招くので、積極的に摂る必要があります。

カボチャは煮るだけで食べられますし、少し手を加えて天ぷらにしたり、スープにしてもおいしくいただけます。

 

■2:卵

卵は良質なコレステロールを含む食材。良質なコレステロールは、女性ホルモンの材料になるので、ぜひ毎日食べたいもの。卵はビタミンCと食物繊維以外の栄養素をすべて含むため、“完全食”とも呼ばれています。

 

■3:大豆食品

豆腐や味噌などの大豆食品は、イソフラボンで有名ですよね。イソフラボンは女性ホルモンの1つ、エストロゲンに似た性質があります。エストロゲンを摂りすぎると、乳がんや子宮体がんのリスクを高めますが、食事で補う分には余程の大量摂取をしない限り問題はありません。

大豆食品には、イソフラボンだけでなく、女性ホルモンの代謝とバランスを整えるはたらきがあるビタミンB6も豊富。毎日お味噌汁を飲むことを習慣にすれば、継続して摂取することができます。

 

■4:キャベツ

今が旬のキャベツにも、女性ホルモンを活性化させるボロンという成分が含まれています。かつて「キャベツでバストアップできる!」といわれていたのは、ボロンのはたらきに注目したものかもしれません。

キャベツにはホルモンバランスを調整したり、解毒作用もあり食物繊維も豊富。野菜炒めにも、シチューやお味噌汁にも、プレートにスライスして添えるだけでもOKの食材なので、積極的に活用しましょう。

 

■5:ナッツ類

ナッツは今や美女のおやつとして定着しつつありますよね。ナッツはダイエットや美肌効果だけでなく、女性ホルモンのバランスを整える作用もあります。

さらにナッツに含まれるオメガ3系の脂肪酸には、イライラを改善する効果も。ホルモンの分泌を司る脳下垂体はストレスに敏感なので、ナッツでストレス対策をするとよいでしょう。ぜひナッツを毎日のおやつにしてみてください。

 

女性ホルモンをアップさせる食材を5つご紹介しました。今回は、頻繁に食べやすいものを選んでご紹介しましたが、まだまだ女性ホルモン活性に役立つ食材はたくさんあります。1つの食材に偏らずバランスよく、女性ホルモンを意識した食事をしてみてくださいね。
せっかく 女性に生まれたのですから女性ホルモンをドバドバだしちゃって女性✨をたのしんじゃいましょう♡

セクシーヘアーへの道‼

昨年末辺りから、テレビでよく見かけるグラビアアイドルの壇蜜さん。”日本一美しい32歳”といわれる彼女の魅力は、B85W60H89のナイスバディと、セクシートーク。

このように、完璧なスタイルの持ち主の壇蜜さんですが、彼女の色っぽさをグンと格上げしているのは、ツヤツヤな黒髪とも関係があるのではないでしょうか?

自身のオフィシャルブログのタイトルも『黒髪の白拍子。』ですし、美容で一番お金をかけているのは髪だというだけあって、その美しさは同じ女性でも羨ましくなってしまいます。

とはいっても、乾燥が厳しく、静電気やパサつきが酷くなるこの季節。ツヤのあるキレイな髪を維持するのは難しいですよね……。そんな人に、ヘアケア法をお伝えしていきます。

 

■1:髪にも紫外線対策が必要

紫外線対策として、顔に日焼け止めを塗るのは常識。ですが、身体の一番高い所にあって、紫外線をダイレクトに浴びる髪はどうでしょう。

髪が浴びる紫外線量は顔の2倍以上! 紫外線を浴びた髪は、キューティクルが剥がれやすくなり、枝毛や切れ毛、パサつきの原因になります。髪の毛用の日焼け止めスプレーをしたり、帽子をかぶるなどして、紫外線から守りましょう。

 

■2:食べ物から美しい髪を作る

高品質なタンパク源とビタミンB12、鉄分を多く含むオメガ3脂肪酸が豊富なサーモンや、天然のヘアコンディショナーとなる皮脂を生み出すビタミンを、豊富に含む緑黄色野菜、髪に輝きを与えるタンパク質や鉄分、亜鉛、ビオチンを含む豆類がおススメ!

 

■3:ヘアケアにも豆乳が効果的

女性ホルモンに似た働きをする大豆イソフラボンやサポニン、アミノ酸が含まれる豆乳。美肌作りのために、積極的に飲んでいる人は多いのではないでしょうか。

さらに嬉しいことに、グルタミン酸やアスパラギン酸が持つ高い保湿力が、髪のパサつきを抑えて潤いをキープするそう。

また、頭皮の血行を良くし、細胞を活性化させる効果があるため、豆乳が髪にも良いと述べられています。”女性の美容の味方”豆乳を毎日飲んでいれば、若々しい髪をキープすることができるはず。

 

■4:正しいシャンプー法で頭皮を健やかに

パサつく髪にトリートメントを塗り込むなど、表面的なケアをするだけでも髪の状態は一時的に良くなったように見えますが、それだけではいけません。

毎日のシャンプー法で、頭皮や髪は確実に変わってきます。しっかりとした健康な髪を守るためにも、正しいシャンプー法をマスターしましょう。

こちらの、頭皮の悪臭を発生させない方法をぜひ試してみてください。

(1)ブラッシングをして、絡まった髪をほぐす

(2)ぬるま湯で髪をすすぎ、脂や汚れを落とす

(3)シャンプーは、よく泡立ててから髪につける

(4)指の腹で、頭皮を揉みほぐしながら優しく洗う

(5)洗い残しは肌トラブルになるので、しっかりすすぐ

(6)雑菌の繁殖を防ぐために、すぐに髪を乾かす

 

髪がパサついていると年齢よりも老けて見えたり、不健康に見えてしまいます。 潤いのある髪をキープできるように、スキンケアだけでなくヘアケアにも力を入れてみてはいかがでしょうか。

目指せ!美髪♡

飲むほどにむくみを招く水の飲み方

多くの芸能人やモデルが実践している”1日に水を2リットル飲む”という習慣は、美容や健康に効果的です。

人の体は息や汗、排泄などで体内の水分が1日2リットル以上失われるので、その分の水分を補わなければ乾燥や血行不良、老廃物が溜まってしまいます。

しかし、同じ量の水を摂取するにも、飲み方を間違えると逆効果を招くことも……。脚や顔が今まで以上にパンパンにむくんだり、ダイエットをしても痩せにくくなってしまったり、水中毒に陥る可能性があります。

そこで今回は、水の飲み方でむくんでしまう飲み方を紹介します。

 

■1:一度にグビグビ大量に飲む

1リットルを一気飲み干すなど、極端な飲み方をしていると余分な水分が体に溜まり、むくみへとつながります。

また、一度に大量の水を摂取すると、体内のナトリウム濃度が下がり、頭痛、嘔吐、疲労感を引き起こします。一度にたくさんではなく、少量をこまめに飲むことが大切です。

 

■2:冷蔵庫でキンキンに冷えた水を飲む

冷たい水を一気に飲むと、体が冷えて代謝が低下したり血行不良に陥るのでむくみやすくなります。また、血管が収縮するので胃や腸に負担をかけ、働きが悪くなることもあります。できるだけ常温に近い水を飲むようにするとよいです。

 

■3:食前に大量に水を飲む

食事をするときに水分を摂取することは大切です。消化には多くの水分を使用するので、水分が不足するとうまく消化されなくなってしまいます。しかし、食前に大量に水を飲むことはおすすめできません。胃液が薄まり、効率よく消化されなくなってしまいます。

とはいえ、上記でご紹介した通り、消化には水分が必要であったり、食前に水を飲むと満腹感を得られるので、食べ過ぎ防止につながるというメリットもあります。食前に飲むときはコップ1杯程度にするとよいです。

 

■4:味の濃い食事と一緒に水をたくさん飲む

濃い味付けを好む人は注意です。食事で塩分を大量に摂取すると、体が塩分濃度を保とうとして水分をたくさん吸収します。

ランチで味の濃いものと水をたくさん摂取すると、夕方に足がいつも以上にパンパンになり、見た目にもむくんで太く見えてしまいます。選ぶ食事メニューや味付けも意識したいところです。

 

■5:寝る前の水のガブ飲み

人は寝ている間にも汗をかくので、寝る前にコップ1杯程度の水を飲むことは有効です。しかし、必要以上に水をガブ飲みするのはNG!

寝ている間は、水分代謝の働きをする腎臓の活動が弱まっているため、うまく水分の代謝が行われず、翌朝には顔がパンパンにむくんでいるということも。飲む量を意識することが大切です。

 

水分は体にとって大事なもの。ただ、うまく取り入れないとむくみブスになってしまいます。上手に水を摂取して、体の内側からキレイになってくださいね。

 

Micco”月経血コントロールヨガ”に興味津々

空前のヨガブームが巻き起こっている昨今。各地でさまざまなヨガイベントが開催されるようになり、これまでやったことがなかった人も興味を持つようになったのでは?
また、ヨガを始めたいと思っているけれど、種類がたくさんありすぎて、どれがいいのかわからないという人も多いはず。

そんななか、最近Miccoは”月経血コントロールヨガ(子宮美人ヨガ)”たるものに興味津々なのです。

■月経血コントロールとは?

私たちは生理が来ると、紙ナプキンやタンポンを使用しますよね? 現代は、生理用品が充実しているため、経血を止める必要がなく、流して吸収させるのが当たり前だと思っている人も多いのではないでしょうか?

ですが、昔の女性はそうではなかったのです。今から100年ほど前の女性は、下着をつけずに着物で生活をしていましたので、生理中に経血を垂らさないようにコントロールしてきたのです。その方法が月経血コントロールで、経血を子宮の中に溜めておき、トイレで腹圧をかけて排泄するというもの。

正座をしたり和式トイレを使ったり、雑巾で床磨きをしたりしていた昔と比べると、現代は洋式トイレの使用、イスに座る時間が長い生活、ストレス、姿勢の悪化、運動機能の低下などによって、体の”緩める力”と”締める力”のバランスがバラバラになってしまっているため、月経血コントロールができない人がほとんどなのです。

■月経血コントロールヨガの効果とは?

そんな現代女性におススメしたいのが、数あるヨガの中でも近頃注目を集めている”月経血コントロールヨガ”。

このヨガは、体の緩急のバランスを整えて、子宮を柔らかくいい状態にし、健康的な体を手に入れるためのコースです。

では、月経血コントロールヨガを始めると、具体的にどのような効果が現れるのでしょうか?

(1)生理が短く終わる

(2)生理が軽くなる

(3)月経前症候群(PMS)が緩和される

(4)生理不順が改善される

(5)子宮が柔らかくいい状態になり、妊娠しやすくなる

(6)骨盤が整い、太りにくくなる

(7)経血の排泄をコントロールできるようになると、生理用品の消費量が減るので経済的

月経血コントロールヨガは激しい運動ではないので、体が硬い人やヨガ初心者の人でも始めやすいのが特徴です。

そんなヨガにMiccoは最近興味津々なのです!

媚薬オイル

働き盛りの30代。仕事をがんばり過ぎて、「恋愛するのが面倒くさい……」「人を好きになる気持ちが湧いてこない……」人も多いかもしれません。

「今年こそ恋愛体質にイメチェンして、次の恋を引き寄せたい!」そう思ったら、香りの力を借りるのもひとつの方法です。

香りで恋愛体質にイメチェン!

アロマセラピストであり、ラブライフアドバイザーとして活躍するOLIVIAさんによると、「媚薬アロマ」の香りを使ったケアは女性性をアップさせるのにとても有効で、セクシャルカウンセリングと組み合わせた「媚薬アロマ・トリートメント」はサロンの人気のメニューなのだとか。

OLIVIAさんおすすめの「媚薬アロマ」は、ローズ、ジャスミン、パチュリ、サンダルウッドなど。いずれも催淫効果のある精油で、リラックスを促すと共に気分を高揚させる働きがあります。

セクシャルパーツをマッサージ

これらの香りを取り入れて女性性を上げるには、やはりオイルマッサージが効果的。

「下腹部、おしり、バストなど、セクシャルパーツを丁寧にマッサージすることで肌の感受性が高められ、自分の体への受容にもつながります。媚薬アロマのなかでもローズは女性ホルモンのバランスを整え、浄化作用もあるため自分のプロテクトにも。ただ、ローズの精油は高価なので、ローズウォーターとオイルをブレンドしたローズローションがおすすめです」(OLIVIAさん)

◆OLIVIA流「恋のローズローション」レシピ

<材料>
・ホホバオイル
・ローズウォーター
・精油

<作り方>
ホホバオイル5と、ローズウォーター1の割合でブレンド。ローズローション10mlに対して、1~2滴の割合でお好みの媚薬アロマをブレンドすると、さらに香りの効果を感じられます 。

ほのかにローズの香りがする肌触りが軽い保湿ローションの出来上がりです。

オイルに水分を混ぜることで肌の内側に水分が浸透し、表面をオイルがコーティング。しっとり艶やかな肌にしてくれます。

女性性をアップさせるためには自分の体をいたわり、気にかけてあげるのもとても大切なこと。

心地良い香りに包まれながらセルフマッサージの時間を持つことで、自分の体に自信が持て、恋愛にもきっと積極的になれるはずです!

[LOVELIFE adviser OLIVIA]