Micco Info

xoxo micco xoxo micco xoxo

Micco の 情報発信
05月

○○を食べて女性ホルモンがドバドバでちゃう‼

美肌や女性らしいボディを手に入れるためにも、生理不順や生理痛を改善したり、いつか子どもを授かるためにも、女性ホルモンのバランスが大切であることは、もうみなさんご存知ですよね。

サプリメントで過剰に女性ホルモンに似たはたらきをする成分を補ってしまうと、バランスが乱れて思わぬトラブルを引き起こすことがあります。

そこで今回は、サプリメントではなく、身近で毎日食べ続けやすい食べ物から、女性ホルモンをアップしバランスを整えるものをご紹介したいと思います。

 

■1:カボチャ

カボチャにはビタミンEが豊富。ビタミンEには脳下垂体や卵巣にはたらきかけ、ホルモンの分泌をコントロールする役割があります。

ビタミンEは抗酸化作用があることでも知られていますよね。ビタミンEが不足すると、老化の原因である活性酸素が増え、肌トラブルや生活習慣病などを招くので、積極的に摂る必要があります。

カボチャは煮るだけで食べられますし、少し手を加えて天ぷらにしたり、スープにしてもおいしくいただけます。

 

■2:卵

卵は良質なコレステロールを含む食材。良質なコレステロールは、女性ホルモンの材料になるので、ぜひ毎日食べたいもの。卵はビタミンCと食物繊維以外の栄養素をすべて含むため、“完全食”とも呼ばれています。

 

■3:大豆食品

豆腐や味噌などの大豆食品は、イソフラボンで有名ですよね。イソフラボンは女性ホルモンの1つ、エストロゲンに似た性質があります。エストロゲンを摂りすぎると、乳がんや子宮体がんのリスクを高めますが、食事で補う分には余程の大量摂取をしない限り問題はありません。

大豆食品には、イソフラボンだけでなく、女性ホルモンの代謝とバランスを整えるはたらきがあるビタミンB6も豊富。毎日お味噌汁を飲むことを習慣にすれば、継続して摂取することができます。

 

■4:キャベツ

今が旬のキャベツにも、女性ホルモンを活性化させるボロンという成分が含まれています。かつて「キャベツでバストアップできる!」といわれていたのは、ボロンのはたらきに注目したものかもしれません。

キャベツにはホルモンバランスを調整したり、解毒作用もあり食物繊維も豊富。野菜炒めにも、シチューやお味噌汁にも、プレートにスライスして添えるだけでもOKの食材なので、積極的に活用しましょう。

 

■5:ナッツ類

ナッツは今や美女のおやつとして定着しつつありますよね。ナッツはダイエットや美肌効果だけでなく、女性ホルモンのバランスを整える作用もあります。

さらにナッツに含まれるオメガ3系の脂肪酸には、イライラを改善する効果も。ホルモンの分泌を司る脳下垂体はストレスに敏感なので、ナッツでストレス対策をするとよいでしょう。ぜひナッツを毎日のおやつにしてみてください。

 

女性ホルモンをアップさせる食材を5つご紹介しました。今回は、頻繁に食べやすいものを選んでご紹介しましたが、まだまだ女性ホルモン活性に役立つ食材はたくさんあります。1つの食材に偏らずバランスよく、女性ホルモンを意識した食事をしてみてくださいね。
せっかく 女性に生まれたのですから女性ホルモンをドバドバだしちゃって女性✨をたのしんじゃいましょう♡

毛穴対策に泡洗顔はNG?!

美しい肌を保つためには、清潔にすることが大事。だからといって、度が過ぎた洗顔をしていると、肌に必要な皮脂まで落としてしまい、万年乾燥肌になってしまうので、加減をしなくてはいけません。

肌が乾燥すると、シミ、シワ、くすみ、赤みなどのトラブルはもちろん、みなさんが一番気になる毛穴の黒ずみの原因にもなるんです。そこで今回は一般的にお肌に良いと思われていそうな、超意外なNG洗顔をご紹介します。下記のようなNG洗顔をしている方は、意外と多いのではないでしょうか。

 

 

■肌トラブルを引き起こすNG洗顔

(1) ぬるま湯で洗う

乾燥を防ぐために流行ったのがぬるま湯洗顔。でも実はうるおいは残りますが、余分な角質は落とすことができません。そのため、肌はくすんだ印象に。

(2)朝は泡で顔をしっかり洗う

夜のうちにクレンジングした肌は、朝になってもさほど汚れていません。必要以上に泡でゴシゴシ顔を洗ってしまうと、肌本来の皮脂や保湿成分まで落として乾燥し、毛穴の黒ずみを進行させてしまいます。

洗顔のポイントは不要な角質はしっかり落として、肌を絶対に乾燥させない事。

「じゃあいったいどうしたらいいの!?」と思ったみなさんに、これまでにない、まったく新しい新発想の洗顔をご紹介します。

 

■泡立て不要! 新感覚の優秀洗顔

肌に潤いを残しつつ、不要な角質や汚れは落とすというのが美肌の秘訣。そこでオススメしたいのが、『マナラ モイストウォッシュゲル』なのです。

マナラ

『マナラ モイストウォッシュゲル』は、洗浄成分ゼロ、97.5%が美容液成分でできた美容液洗顔料です。美容液でできているから洗い流さなくていいというわけなんです。

「洗浄成分が入っていないのに、本当に汚れが落ちるの?」と不安に思う方も多いと思いますが、カプセル化パパイン酵素が、皮脂や角質の汚れを取り除き、美容成分が潤いを与えながら汚れをやさしく包み込み落としてくれるので、毛穴の汚れや角質までスッキリ! 泡立てる必要がないので、忙しい方にもピッタリですよね。

黒ずみの解消方法は、洗顔の仕方やスキンケアの方法によるところが大きいです。何年もの間に蓄積した肌の毛穴の汚れや黒ずみは、すぐには落ちにくいものがあります。

徐々に肌を改善していきながら、美肌をめざしていきましょう。黒ずみでも頬や鼻などが気になります。毛穴パックやエステ、美顔器など試したけど、効果がでない場合は、自分にあったスキンケア方法を見出す必要がありますね。基本的には毛穴のつまりを解消することが求められてきます。毛穴の周りの色が茶色ぽくなったり、毛穴のサイズが大きくなったり、開いたりしないように気をつけましょう。毛穴の詰まりの原因になるのが、メイク残りや洗い落としの汚れがあります。ダブル洗顔やオイルクレンジングなど上手に使う方法もありますね。ダブル洗顔は、お肌を2回洗う洗顔方法です。1度目にクレンジングでメイクを落とし、2度目で洗顔フォームをつかって、肌の汚れを落としていきます。ダブル洗顔は、化粧落としするときに役立ちますね。化粧落としは、石鹸だけだとなかなか落ちにくい性質があります。毛穴の詰まる原因を作らないように気をつけましょう。また洗顔するときによく落ちるからといって、クレンジングのし過ぎには、気をつけましょう。お肌の負担になりかねないからです。なるべくお肌に刺激を抑えつつ洗顔することも正しいスキンケアの方法のやり方になってきます。

洗顔方法は、手をつかって洗っていきます。クレンジングの場合、ゲルタイプもあります。肌にべとつきますが、汚れを落とす際には、粘着力の効果を利用したいですね。

洗顔フォームはふつうのタイプやスクラブがありますね。スクラブは、ぶつぶつした砂のような肌ざわりがします。洗顔方法は、自分のお肌に汚れを残さないように工夫していきたいですね。

洗顔の仕方で毛穴の汚れを浮かせて取り去ることができれば、毛穴の状態も改善の兆しがみえてくるかもしれませんね。

毛穴の汚れでも、鼻の部分が落ちにくいこともありますね。鼻パックだと毛穴がとりやすいですが、開きがち。毛穴の汚れを浮かせて除去できる洗顔スクラブなども検討したいものです。

また毛穴パックは、毛穴の汚れをとりやすい性質がありますが、皮脂まできれいさっぱりしちゃうので、注意が必要になってきますね。皮脂は保湿しないと肌が乾燥してしまいます。

いわゆる乾燥肌のことです。毛穴のお手入れで毛穴パックをつかったら、保湿ケアもあわせてすることが大切です。

保湿ケアは、洗顔後にしていきますね。保湿するときには、美容液を使って上手にケアしていきます。美容液は肌に潤いや栄養を与えることができます。パッテイングしながら、顔全体を肌ケアしていきましょう。

顔全体のお肌に美容液が浸透してきたら、次に乳液です。乳液は、乾燥を防いでくれます。乳液は肌に層を貼る感じなので、水分がとびにくい性質がありますね。肌を乾燥から守るには最適かもしれません。

しかし乾燥から肌を守れる利点がありますが、肌の呼吸ができない状態でもあります。

美容液は少々多めにつけておくのがスキンケアのコツにもなってきます。

洗顔方法とスキンケアの仕方が理解できてくると、あとは自分にあった基礎化粧品探しになってきますね。毛穴の黒ずみ解消方法は、時間がかかってくることもあります。

正しい方法で、丁寧にお肌をいたわっていくことが重要になってきますね。

毛穴のスキンケア方法には洗顔とアフターケアが大事になります。洗顔するには肌にあった基礎化粧品で毎日洗っていきます。またアフターケアは肌の潤いと保湿がカギになります。毛穴をいかにキレイにするかが問われてきますね。

今さら聞けない日焼け止めの疑問

おはようございます。日に日に紫外線が強くなってきたと肌で感じる季節んになってきましたね。
みなさん、UV対策はバッチリでしょうか。長年、続けているであろうUVケアですが、「ボディ用のUVって顔に使えるの?」「紫外線吸収剤は肌に悪いの?」と、よくわからないまま放置している疑問はありませんか?

今日は、今さら周りには聞けない、日焼け止めの疑問にお答えしたいと思います。

■1:ボディ用の日焼け止めを塗ると、問題はあるのでしょうか?

フェイス用とボディ用の違いは、主に伸びのよさ。広い面積に伸ばすボディ用は、フェイス用と比べてなめらかに伸びるよう作らられています。一方フェイス用は、メイクがのりやすいようにできているのです。

使用感や仕上がりの面で、問題はなくてもボディ用とフェイス用はきちんと使い分けた方がよいといえます。

■2:紫外線吸収剤には害がある?

日焼け止めに含まれるUVカット剤には、大きく分けて紫外線吸収剤、紫外線反射剤の2つがあります。前者は、しばしば紫外線を吸収する際の化学反応でアレルギーが起きやすいため、肌によくないといわれます。しかし、一概には肌に害があるとはいえません。

成分が肌に合う、あるいは合わないは、人それぞれ。紫外線吸収剤で肌が荒れない人が、紫外線反射剤で荒れてしまうこともあるようです。あらかじめ自分が使う日焼け止めに、どちらのUVカット剤が使われているかを確認し、トラブルが起きないかチェックしておきましょう。

■3:SPF25+SPF30=SPF55?

ファンデやフェイスパウダーにも、UVカット効果があるものがあります。その場合、紫外線カット効果はどれくらいになるのかと思う方も、少なくないでしょう。

日焼け止めがSPF25で、ファンデがSPF30の場合、SPF55にはなりません。単純な足し算ではないのです。しかし、UVカット効果があるものを重ねることで、日焼け止め効果はアップします。

デイリーならSPF30の日焼け止めや下地だけで十分といわれますが、汗や皮脂で落ちやすいもの。ファンデやパウダーもUVカット効果のあるものを使用し、上からお直しをするのがベターです。

紫外線が強く厳しくなるこれからの季節に向けて、ぜひ上記も参考に日焼け対策をしてみてくださいね。
みんなで美白美人をめざしましょう♪

 

Have  a  nice  day♡

 

セクシーヘアーへの道‼

昨年末辺りから、テレビでよく見かけるグラビアアイドルの壇蜜さん。”日本一美しい32歳”といわれる彼女の魅力は、B85W60H89のナイスバディと、セクシートーク。

このように、完璧なスタイルの持ち主の壇蜜さんですが、彼女の色っぽさをグンと格上げしているのは、ツヤツヤな黒髪とも関係があるのではないでしょうか?

自身のオフィシャルブログのタイトルも『黒髪の白拍子。』ですし、美容で一番お金をかけているのは髪だというだけあって、その美しさは同じ女性でも羨ましくなってしまいます。

とはいっても、乾燥が厳しく、静電気やパサつきが酷くなるこの季節。ツヤのあるキレイな髪を維持するのは難しいですよね……。そんな人に、ヘアケア法をお伝えしていきます。

 

■1:髪にも紫外線対策が必要

紫外線対策として、顔に日焼け止めを塗るのは常識。ですが、身体の一番高い所にあって、紫外線をダイレクトに浴びる髪はどうでしょう。

髪が浴びる紫外線量は顔の2倍以上! 紫外線を浴びた髪は、キューティクルが剥がれやすくなり、枝毛や切れ毛、パサつきの原因になります。髪の毛用の日焼け止めスプレーをしたり、帽子をかぶるなどして、紫外線から守りましょう。

 

■2:食べ物から美しい髪を作る

高品質なタンパク源とビタミンB12、鉄分を多く含むオメガ3脂肪酸が豊富なサーモンや、天然のヘアコンディショナーとなる皮脂を生み出すビタミンを、豊富に含む緑黄色野菜、髪に輝きを与えるタンパク質や鉄分、亜鉛、ビオチンを含む豆類がおススメ!

 

■3:ヘアケアにも豆乳が効果的

女性ホルモンに似た働きをする大豆イソフラボンやサポニン、アミノ酸が含まれる豆乳。美肌作りのために、積極的に飲んでいる人は多いのではないでしょうか。

さらに嬉しいことに、グルタミン酸やアスパラギン酸が持つ高い保湿力が、髪のパサつきを抑えて潤いをキープするそう。

また、頭皮の血行を良くし、細胞を活性化させる効果があるため、豆乳が髪にも良いと述べられています。”女性の美容の味方”豆乳を毎日飲んでいれば、若々しい髪をキープすることができるはず。

 

■4:正しいシャンプー法で頭皮を健やかに

パサつく髪にトリートメントを塗り込むなど、表面的なケアをするだけでも髪の状態は一時的に良くなったように見えますが、それだけではいけません。

毎日のシャンプー法で、頭皮や髪は確実に変わってきます。しっかりとした健康な髪を守るためにも、正しいシャンプー法をマスターしましょう。

こちらの、頭皮の悪臭を発生させない方法をぜひ試してみてください。

(1)ブラッシングをして、絡まった髪をほぐす

(2)ぬるま湯で髪をすすぎ、脂や汚れを落とす

(3)シャンプーは、よく泡立ててから髪につける

(4)指の腹で、頭皮を揉みほぐしながら優しく洗う

(5)洗い残しは肌トラブルになるので、しっかりすすぐ

(6)雑菌の繁殖を防ぐために、すぐに髪を乾かす

 

髪がパサついていると年齢よりも老けて見えたり、不健康に見えてしまいます。 潤いのある髪をキープできるように、スキンケアだけでなくヘアケアにも力を入れてみてはいかがでしょうか。

目指せ!美髪♡

飲むほどにむくみを招く水の飲み方

多くの芸能人やモデルが実践している”1日に水を2リットル飲む”という習慣は、美容や健康に効果的です。

人の体は息や汗、排泄などで体内の水分が1日2リットル以上失われるので、その分の水分を補わなければ乾燥や血行不良、老廃物が溜まってしまいます。

しかし、同じ量の水を摂取するにも、飲み方を間違えると逆効果を招くことも……。脚や顔が今まで以上にパンパンにむくんだり、ダイエットをしても痩せにくくなってしまったり、水中毒に陥る可能性があります。

そこで今回は、水の飲み方でむくんでしまう飲み方を紹介します。

 

■1:一度にグビグビ大量に飲む

1リットルを一気飲み干すなど、極端な飲み方をしていると余分な水分が体に溜まり、むくみへとつながります。

また、一度に大量の水を摂取すると、体内のナトリウム濃度が下がり、頭痛、嘔吐、疲労感を引き起こします。一度にたくさんではなく、少量をこまめに飲むことが大切です。

 

■2:冷蔵庫でキンキンに冷えた水を飲む

冷たい水を一気に飲むと、体が冷えて代謝が低下したり血行不良に陥るのでむくみやすくなります。また、血管が収縮するので胃や腸に負担をかけ、働きが悪くなることもあります。できるだけ常温に近い水を飲むようにするとよいです。

 

■3:食前に大量に水を飲む

食事をするときに水分を摂取することは大切です。消化には多くの水分を使用するので、水分が不足するとうまく消化されなくなってしまいます。しかし、食前に大量に水を飲むことはおすすめできません。胃液が薄まり、効率よく消化されなくなってしまいます。

とはいえ、上記でご紹介した通り、消化には水分が必要であったり、食前に水を飲むと満腹感を得られるので、食べ過ぎ防止につながるというメリットもあります。食前に飲むときはコップ1杯程度にするとよいです。

 

■4:味の濃い食事と一緒に水をたくさん飲む

濃い味付けを好む人は注意です。食事で塩分を大量に摂取すると、体が塩分濃度を保とうとして水分をたくさん吸収します。

ランチで味の濃いものと水をたくさん摂取すると、夕方に足がいつも以上にパンパンになり、見た目にもむくんで太く見えてしまいます。選ぶ食事メニューや味付けも意識したいところです。

 

■5:寝る前の水のガブ飲み

人は寝ている間にも汗をかくので、寝る前にコップ1杯程度の水を飲むことは有効です。しかし、必要以上に水をガブ飲みするのはNG!

寝ている間は、水分代謝の働きをする腎臓の活動が弱まっているため、うまく水分の代謝が行われず、翌朝には顔がパンパンにむくんでいるということも。飲む量を意識することが大切です。

 

水分は体にとって大事なもの。ただ、うまく取り入れないとむくみブスになってしまいます。上手に水を摂取して、体の内側からキレイになってくださいね。

 

あなたの字で性格がわかっちゃう?!

a血液型や日頃の何気ない仕草、クセからその人の性格を判断することってありますよね。ですがそれ以外にも、あなたがどんな人物なのかチェックできてしまう、”あるモノ”の存在を知っていますか?

それは、あなたが書く”文字”です。美文字という言葉が知られるようになってからは、これまで以上に文字に注目する方が増えましたが、文字には美しさだけではなく、その人の性格や精神状態まで現れるといいます。

それでは、今、あなたが書く文字にはどのような特徴があるのか、参考程度に見ていきましょう。

 

■文字の特徴であなたの性格がわかる!?

(1)大きな文字・・・おおらかで外交的。

(2)小さな文字・・・自己主張が苦手。気遣い上手。

(3)筆圧が強い・・・バイタリティに溢れている。極度に緊張している。また、筆圧が強いというのは、スポーツ選手に多い特徴なのだそう。

(4)筆圧が弱い・・・内向的。自信がない。

(5)丸文字・・・自己防衛意識が強い。

(6)角ばった文字・・・神経質。ストレスが溜まっている。

(7)右上がり・・・積極的。

(8)左上がり・・・縁の下の力持ち。

(9)文字間隔が広い・・・自由を好む。込み入ったことが苦手。

(10)文字間隔が狭い・・・一人が好き。

文字間隔は時間の感覚とも似ていて、広い方はのんびりで狭い方はせっかちなのだそう。

 

なんでも、これらの特徴に気を付けて文字を書くだけで、性格まで変えることができるといいます。どんな自分になりたいのかを意識して、それに合った文字を書いてみてはいかがでしょうか?

have a nice day♪