Micco Info

xoxo micco xoxo micco xoxo

Micco の 情報発信
クリスマスのお話

クリスマスのお話

こんにちは♪

今日は、クリスマスイブですね。

♪うれしいな〜たのしいな〜♪と歌って出かけたくなりますね♪

ところでみなさん、サンタさんの服はなぜ赤いのでしょうか?

雪の中で目立つから?赤は、クリスマスのシンボルカラーのひとつだから?

きっとどちらも、正解です。

でも、サンタの服は「赤」と決まるまでに、実は青や白。紫色の服を着たサンタがいたことも、事実です。
ちょっと文章が長いかもしれませんが、今の私たちが抱いているサンタクロースのイメージが、いつ頃出来たのかを調べてみました。

よければ、ごゆっくりお読みになってみてください。

“Wherever I go”というのは、コカ・コーラ社が1943年に作った広告用看板に、サンタの絵と一緒に書かれていたキャッチコピーです。つまり、世界中どこにでも出かけるのは、サンタクロースだけではなく、彼が手にしたコカ・コーラも一緒だという訳なのです。

そして、これを巨大な資本力と特有の広告戦略で全米へ、さらには全世界へと広げていった結果が、今の私たちが持っている、サンタクロース・イメージになったといえるでしょう。

サンタクロースのモットーは、「『子供のいるところだったら、どこへでも出かけるぞ』。そして、「人間のいるところだったら、どこへだって売りに出かけるぞ」が、コカ・コーラ社の目標です。

1892年に設立されたザ・コカ・コーラ・カンパニーですが、会社設立初年度にして、すでに広告費は1万1400$にも及び、原材料費の半分を超えていました。しかし、それだけの広告費を投入しても、なかなか開拓できない市場がありました。

そう、女性と子供たちです。

当時、コカ・コーラには麻薬(コカイン)や多量のカフェイン、アルコールが入っているという、暗くて悪い危険な飲料としてのイメージが、強くまとわりついていました。この、イメージを払拭して、子供市場を開拓するために起用されたキャラクターがありました。

それが、サンタクロースだったのです。それまでにも、詩や小説、木版印刷物、それに1918年に、雑誌としては初めて発売部数が200万部を超えた、「ザ・サタデー・イヴニング・ポスト」の表紙などで紹介される事で、徐々にサンタクロースのイメージは出来上がってきていました。

ですので、おそらくコカ・コーラ社が宣伝に利用しなくても、私たちが抱いているサンタと、それほど大きく違わないイメージには、なったことと思います。しかし、『決定的に・世界中に・爆発的に・ヴィジュアル優先で』広まった功績というのは、やはりコカ・コーラ社のおかげだといえるのではないでしょうか?

サンタクロース伝説の主人公は、聖ニコウラス(英語読みでは「ニコラス」)です。かつて、ミュラと呼ばれたギリシア人の町(現在のトルコのデムレ)の司教を勤め、271年(あるいは280年)から、342年12月6日まで生きていたと伝えられますが、あまり詳しい事は分からないようです。ただ、様々な伝説を持った守護聖人であり、興味を惹かれるものがありますので、またいつか、別のページでご紹介したいと思います。

今は、とりあえず聖ニコラウスが、サンタクロースの原型となったのだと、ご理解ください。白くて長いヒゲの聖ニコラウスに、私たちの抱いているサンタのイメージを重ねることが出来ます。

サンタの服が赤いわけ

クリスマスの前の夜のことです。家の中では、ネズミさえ寝入って、物音ひとつ聞こえません。             煙突のそばには、きちんと靴下がつるされて、聖ニコラスの到着を今か今かと待っています。

*中略

降ったばかりの雪の上に出た月が、あたりを真昼のように輝かせていました。 その時、不思議そうに見つめる私の目に映ったのは、小さなソリと八頭の小さなトナカイでした。

*中略

まるまると太った、本当に陽気なおじいさん小人で、その姿に、私は思わず笑ってしまいました。 ウインクして見せたり、首をかしげて見せたりで、少しも怖がる必要などないと、すぐに分かりました。

聖ニコラスは、黙々と仕事に取りかかりました。どの靴下にもプレゼントをいっぱい詰め込んで、くるっと向きを変えました。             鼻の横に指を当てると、こっくりとうなずいてから、煙突を上っていきました。

聖ニコラスはソリに跳び乗ると、トナカイたちに口笛の合図を送り、アザミの綿毛のように飛び去っていきました。 でも、彼の姿が消えた時、大きな叫び声が聞こえてきました。

「皆さん、ハッピー・クリスマス。すてきな夜になりますように。」

                                                                                       

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>