Micco Info

xoxo micco xoxo micco xoxo

Micco の 情報発信
ハイヒールばっかりはいていると太るの?痩せるの?ホントはどっち?

ハイヒールばっかりはいていると太るの?痩せるの?ホントはどっち?

みなさん、おはようございます。

今日は、何をはいて出かけますか?

女性はやっぱりヒールの靴を選ぶ方が多いのではないでしょうか?

足がキレイに見えるし、女子力アップのためには断然ハイヒールでしょ!そんなヒール命の女性、たくさんいますよね。

ヒールをはくと、筋肉をほどよく使うのでやせる…という話を聞く一方、ムクんで足が太くなりやすいとも聞きますが、本当はどっちなのでしょうか?

まずお伝えすべきなのは、「ハイヒール=太る」ではありません。でもハイヒールのせいで代謝が落ち、結果として「やせにくい体質」になってしまう可能性はあるでしょう。

ハイヒールははだしに比べて体のバランスを保つのがむずかしいから、転ばないようにしようと体中の筋肉が無意識のうちに緊張&収縮してしまいます。

血液は筋肉の伸縮によるポンプ機能がないと循環しない仕組みだから、筋肉が緊張して縮んだままになるとパンパンにムクんでしまうんです。

同じ理由から、ヒールの高低だけでなく靴のデザインも重要。例えばつま先が細いデザインは、足先を締めつけ血行を悪くします。つまり、ムクミの原因になってしまうというわけ。

ムクミが慢性化すると、体内の老廃物が排出されにくくなります。この老廃物にコラーゲンがくっつくと、なんと「セルライト」になってしまうのです!

できたセルライトは毛細血管を圧迫し、さらに血行が悪くなります。血行が悪くなれば代謝が落ちて、「やせにくい体質」に…。

こんな悪循環にならないためには、ハイヒールを避けて歩きやすい靴を選ぶのがオススメです。

どうしてもオシャレしたくてハイヒールをはいてしまったときは、その日のうちに半身浴やマッサージを行い、ムクミを解消することが大切☆

美人の道は一日して成らず、みんなで美脚女子目指してがんばりましょう♡

 

もそもヒールをちゃんと履きこなせているのか、というところが大切なところです。

では、誰でもヒールで美しく歩けるようになるための極意を紹介します。

(1)歩幅を狭く歩く

基本は、歩幅を狭く歩くこと。よく「大股で歩きましょう」と言われますが、それは応用と考えましょう。歩幅が広いと自然と膝は曲がり、体全体が前のめりになります。ですから美しいラインで歩くためには歩幅を狭くし、膝が曲がらないように歩きましょう。

(2)手は振らない

手は振りません。振ると横ブレをおこし、体の安定感がなくなります。安定感がなくなると骨格を歪ませてしまいます。頭のてっぺんは天に釣られたように、真っ直ぐ背筋を引き伸ばして歩きましょう。

まずはこの2点を意識して歩きましょう。この歩き方をマスターすれば体は自然と美しく引き締まり、さらにヒールでも楽に歩けるようになってきます。

この2点なら意識しながらあるけそうですよね

みんなでスタイルアップ&美脚を目指してがんばりましょう!!

 

 

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>